サクリは、営利活動と公共性の調和を図るため、つぎの活動規範にしたがって事業を行います。

・サクリは、組織として、特定の技術を推進したり、それに反対したりしません。

・サクリは、ある技術に関する多様な立場を理解し、異なる立場の関係性、接点を持つ可能性とその条件を考え、創造的なコミュニケーションの場をつくります。

・サクリは、ひとりの人が、ときに矛盾する複数の立場を持つことを理解し、理性だけでなく、感情を持つ個人として尊重します。

・サクリは、スタッフの一人ひとりが、社会の多様な関係性の中で暮らす生活者であり、組織とは無関係に個人として自由な価値観を持つことを認めます。

・サクリは、コミュニケーションの目的、資金の調達方法、参加者の選定方法を公開し、社会からの信頼を得られるようにつとめます。