* 科学夜話@喫茶岐れ路は、科学コミュニケーション研究所(サクリ)が主催するサイエンス・カフェのようなものです。

話し手が話題を提供しますが、参加者が自由に発言し、議論を深め、広げる場です。場合によっては、概要に書かれた内容から離れたり、全てを話すことができないこともある、いえ、そういう場合がほとんどです。

たまたま出会った人々が交わす言葉によって、新しい関係を「つくる」場であり、誰かがあらかじめ用意した話をじっくり「伝える」場ではありません。話し手の話だけを聞きたい、他の参加者の話は聞きたくない、という方には、また別の場をご用意させていただきます。

 

*これまでの科学夜話@喫茶岐れ路
第1回 駆け巡る人文学・社会科学の知 平川秀幸 大阪大学教授

第2回 E. S. Morse と日本  星 元紀 東京工業大学名誉教授

第3回 食と農のリスクコミュニケーション 吉田省子 北海道大学客員准教授

第4回 ドイツにおける歴史コミュニケーションの現在 深沢秀一 Studio KIKIRIKI 株式会社代表取締役

第5回 大統合自然史ー日本版ビッグヒストリーへの挑戦  鎌田 進   高エネルギー加速器研究機構(KEK)研究員/名誉教授・総合研究大学院大学名誉教授

第6回 生命医科学研究における研究者ー市民の対話の場づくり 東島 仁 山口大学国際総合科学部講師

第7回 「科学技術の智プロジェクト」とはなんだったのか 小林信一 氏

第8回 食と農のリスクコミュニケーションー北海道大学での事例 吉田省子 北海道大学客員准教授

科学夜話@喫茶岐れ路

投稿ナビゲーション