2024年3月9日(土)12時〜15時 TKP品川カンファレンスセンター6E /オンライン

科学技術の智ラボラトリ
アニュアルワークショップ2024

科学技術の智ラボラトリアニュアルワークショップ2024のご案内

科学技術の智ラボラトリ(代表 北原 和夫)では、恒例になりましたアニュアルワークショップを下記の通り実施いたします。

 

第1部は、参加者の皆さんから日頃の科学コミュニケーション活動について共有いただく時間です。組織や個人の別を問わず、ご自身の活動について、科学コミュニケーションに関心のある方々と意見を交わし、ご自身の取り組みへの賛同者、参画者を募る場としてご活用ください。


第2部は、2024年現在、生活者の視点で考える科学リテラシー(一人ひとりが身につけるべき、あるいは、社会全体として維持すべき、科学に関する知識や技能、考え方など)とはどのようなものか、話し合う対話の時間です。


2030 年の時点で日本における全ての大人が身に付けていることが望まれる科学技術の素養(「科学技術の智」) として、2008年に科学技術の智プロジェクト報告書が刊行されてから、16年の歳月が流れました。その間、科学・技術は進歩を続け、社会の価値観は大きく揺らぎ、スマートフォンやSNSの普及、実用的な汎用性AIの発展と、情報環境も大きく変化しました。


そのような状況にあって、科学リテラシーはどのようにあるべきか、参加される皆さんが日々の生活の中で考え、感じている実感をよりどころとして、生活者の視点で話し合い、新たな科学リテラシーを構想してみたいと思います。


今年度は、オンラインに加えて、対面式での実施を復活し、ハイブリッド形式で実施いたします。年度末のお忙しいところ恐れ入りますが、お誘い合わせの上、ぜひご参加いただけますと幸いです。


科学技術の智ラボラトリ http://literacy.scri.co.jp

代表         北原和夫

メンバー(五十音順) 大橋理枝

           工藤 充

           千葉和義

           奈良由美子

           星 元紀

事務局        科学コミュニケーション研究所


 ・日時 2024年3月9日土曜日 12時〜15時(15時〜16時 懇親会)


・会場 

対面:TKP品川カンファレンスセンター カンファレンスルーム6E

https://www.kashikaigishitsu.net/facilitys/cc-shinagawa-shinkan/roomlist/#ROOMLIST

オンライン:お申込みいただいた方に、ZoomミーティングのURL をお伝え致します。


・主催 科学技術の智プロジェクト


・対象 科学コミュニケーション、科学リテラシーに関心のある方(初心者歓迎、専門知識不要)


・プログラム(対面式・オンラインのハイブリッド)

第1部 参加者からの科学コミュニケーション活動紹介(ひとり5分程度)

休憩

第2部 ワークショップ「2024年の生活者からみた科学リテラシー−あらたな科学リテラシーの構想−」


・懇親会(軽食と飲み物) 会場:ワークショップ会場 会費:1000円


・お申し込み https://jp.surveymonkey.com/r/7XM6RVV

お問い合わせ

Contacts

科学コミュニケーション研究所 さくり 科学技術の智ラボラトリ事務局

電話 045 517 4090

e-mail contacts”@”scri.co.jp ”@”を@に置き換えてください。

上部へスクロール